【イベント振り返り】ドレミる!?番宣バトル!(NHK presents)~ディレクターと視聴者が人気番組の「番宣」を一緒に創る新感覚ミートアップ に参加しました! #番宣バトル

イベント

NHKの番組の「番宣」を作るイベント「ドレミる!?番宣バトル!(NHK presents)~ディレクターと視聴者が人気番組の「番宣」を一緒に創る新感覚ミートアップ」に参加してきました!

普段は見る側のテレビ番組を見せる側に立ち考えるのはとても貴重な体験だったので、振り返っていきたいと思います!

ドレミる!?番宣バトル!(NHK presents)~ディレクターと視聴者が人気番組の「番宣」を一緒に創る新感覚ミートアップ in NHKプラスクロス SHIBUYA~
※会場は渋谷駅直結「NHKプラスクロスSHIBUYA」(渋谷スクランブルスクエア14階)です。東京カルチャーカルチャーではないのでご注意下さい!! powered by Peatix : More than a ticket.

どんなイベントか

会場は、 渋谷スクランブルスクエア14階 NHKプラスクロス SHIBUYA(https://www.nhk.or.jp/plusx/)。
入るといきなり大きなチコちゃんがあり、会場のインパクトは抜群。

イベント概要は、

HKの人気ドキュメンタリー番組の担当ディレクターが大集合!それぞれの番組への想いを語り、共感した視聴者の皆様と一緒にその場で番組宣伝プレゼンテーション=「番宣」を創る新感覚参加型ミートアップ「ドレミる!?番宣バトル」渋谷のイベントスペース「NHKプラスクロス」にて開催決定!!NHKの番組が好きな方はもちろん、NHKはほとんど見ない!という方こそむしろ大歓迎の、新感覚エンタメイベントの誕生です!!

https://nhkbansen01.peatix.com/

とあり、実際に番組を作っているディレクターとチームを組み、番組や担当ディレクターの魅力を引き出した「番宣」を作るイベントとなっていました。

番組紹介

今回、「番宣」を作るのはNHKで実際に放送されている番組です。

一つ目は「逆転人生」。

絶体絶命の危機から奇跡の大逆転!この世界には、シェイクスピアよりもドラマチックなリアルな逆転劇があふれています。あなたも主人公たちの数奇な運命を追体験してみませんか?

https://www4.nhk.or.jp/gyakuten-j/

二つ目は、「 のぞき見ドキュメント 100カメ 」。

「のぞき見ドキュメント 100カメ」は、ひとつの“場”に100台の固定カメラを設置して、人間の生態を観察する番組。

https://www4.nhk.or.jp/P5050/

三つ目は、「ドキュメント72時間」。

人々が行き交う街角で、3日間。
同じ時代にたまたま居あわせた私たち。
みんな、どんな事情を抱え、どこへ行く?

https://www4.nhk.or.jp/72hours/

いずれの番組も、被写対象のリアルを追求する番組になっており、「番宣」用の番組内容も今時の時事を考慮した深く考えさせられる内容の番組内容になっていました!

「番宣」作り

番組紹介が終わり、いよいよそれぞれのグループに分かれてのワークになります。

僕は、番組内容が一番刺さった「逆転人生」を選ばせていただきました。
約45分くらい「番宣」作りの時間があり、
選んだ番組のディレクターへのインタビュー

訴求ポイントの整理

「番宣」(プレゼン)作成
と進めていきました。

その中で、自分に何ができるかを考え、以前別のイベントで即興でプレゼン資料を作っている人を見たことがあり、ビジュアルを見せれるのは強いと思い、資料を映せるか確認したうえで簡単な資料を作成させていただきました。

結果として、自分が参加した「逆転人生」チームが「見たい」票を獲得し、その場で上映されることになりました!

「番宣」を体験してみて

今回のイベントは、普段番組作りをしているNHKの人が、見ている人と近い距離でどんな気持ちで番組に接しているのかを知りたいというのが企画のきっかけだったと聞きました。
よりユーザーが見たいと思うものを作る、インターネット上に多くの面白いコンテンツが数多く存在しているからこそテレビで提供できるものの価値を高めたい、そんな熱い想いをテレビ局の人から聞くことができ、少しだけ見る目が変わりました。

様々な業界で「コンテンツ」は作られます。
より魅力的で、多くの人から求められるものを作るにはどうすれば良いのか、色々な人の声を聴きながら僕自身しっかり考えていこうと思いました。

以上!

コメント